*

挨拶

公開日: : 最終更新日:2014/04/28 わがまま言い放し, ひとり言

私の住んでいるほんの近くに、小さなオープンカフェがある、店長一人で営業している、やけに大きい声で、「こんにちは、お疲れ」とか、通り係の人に挨拶している、近所の掃除もまめにし、コンビニの前に吸殻入れの設置に交渉しにいったりしている、

その縁で、そこのカフェのイスにすわり、店長に何故なのと聞くと、挨拶をしないのが不思議と言っている、近所の子供にもしている、最初は無視されたが、意地でやっていたら、向こうから挨拶してくるようになったと言っていました。
若い時は、やんちゃや、無茶をしていたようだが、今では、可愛い娘さんがいます。
近辺の若者のリーダー的存在になっている。

そう言えば、私の母は何事も挨拶から始まると特に厳しかった。そのためか、近所の住人から、可愛がっていただけた様な気がします。

お客さんも、馴染みの客が多く、特に一見の外人が多い、彼は全く英語はダメですが、何とかやっている、セネガル人フランス人アメリカ人等が来ます、またサラリーマン的な人より、何か自分でやりたい、又何かしたいお客が集まっている様です、
相席を勧められ、若い人の話を聞いていると、相談相手になって上げたり、昔の話や、京都の話等を講釈をしています。これも、大きな声の挨拶からの出会いです、又、若い人脈が出来そう気がします。三条通りの京都文化博物館の入り口左です。

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

京都は洛中の人で保たれていた。
2016年7月23日

洛中の旦那衆に依って、寺社やまつりや学校が出来たと書いてまいり

京料理
2016年7月23日

  何故京料理がもてはやされるのか?和食の真骨

洛中に入ろうとした私・入らなかった井上さん
2016年7月23日

私は、京都の洛中に入り篭絡されたのかもしれません、洛中に住んで

「京都ぎらい」井上章一さんに物申す
2016年7月15日

こんなタイトルをつけるのは、不本意ですが、ネット検索にはこれが一番だと

no image
日本人の使命
2014年2月23日

日本人の勤勉さの原点は、自然を相手にただ懸命に生きるだけではなく、日本

    • 6今日の訪問者数:
    • 73昨日の訪問者数:
    • 707先週の訪問者数:
    • 146月別訪問者数:
    • 0現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日2014/4/29:
PAGE TOP ↑