*

103回京料理展示大会

公開日: : 最終更新日:2014/04/27 わがまま言い放し, 食べたり呑んだり

明治19年に第1回大会が開催され、1年に一回103回の今日まで続いています。 久しぶりに家内と見に行ってまいりました。家内は全く始めてです。
http://www.kyokira.jp/index.php
ビジネスにはならず、コンテストでもありません、日ごろの鍛錬の成果を披露されるだけです、お祭りに良く似ていますね、華展の様なものですね、だから続くのでしょうか? ビジネスショウー的なものは、何回か行われて採算が合わなくなると行われなくなるのが常ですが。

ライバルが展示会を行う事により、同業者間の競演と親睦が計られる。京都にはこういった、販売をしない展示会が多くされます、同好会的雰囲気です。

「ご覧下さい、ご意見下さい」精神で、玄人はだしの顧客の意見が聞かれたり、自分のお客様の他社への交流を促進するのでしょうね、誰でも入れる訳ですから、地方の料理人も勉強に来られています。

器も凝った物や、洋食器を使ったり、店に伝わる骨董の器や、魯山人の収集家から、 貸し出しされた器に、料理人が料理を盛ったりされています。

イベントと祭りの違いですね、そういえば、吉田神社の祠が会場に祀ってありました。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

京料理
2016年7月23日

  何故京料理がもてはやされるのか?和食の真骨

no image
食文化
2013年4月16日

私の母は、人工甘味料が入ったものを、食べないでと良く注意しておりました

no image
あなたの為の贅沢レストラン
2012年7月5日

週刊誌を見ていたら巻頭のグラビアに、懐かしい柳さんが載っておられました

no image
職人魂 (こだわり)
2012年2月17日

京都倶楽部の会員様で、カナダ・トロントで懐石料理「橋本」を経営されてお

no image
お茶屋のバー
2011年6月1日

「お茶屋のお座敷は一見客お断りだとして、ホームバーに立ち寄るだけでも、

PAGE TOP ↑