*

とうとう還暦

公開日: : 最終更新日:2014/04/27 ひとり言, わがまま言い放し

還暦を迎えてしまいました。自分がそうなる事を想像をしていませんというか、あえてしなかったのですが、回りから還暦祝いをしましょう等と言われ、普通の誕生日と違う雰囲気です。 赤いちゃんちゃんこで白髪というのが、通り相場ですが、あいにく頭も黒く、若作りなので、ピンときませんでした。

物知りの方は、自分の暦に代わる本卦還り(ほんけがえり) だなと言われたりもしました。

考えて見ると、定年の年ですし、一般的には収入より支出が増えるだろうし、忙しい時間より、暇な時間が増えるだろう、子供も独立し夫婦だけの家庭も多いでしょう、今まで漫然としか考えもしなかった事に急に直面させられる方も多いのではと思います。

京都倶楽部の会員の方で30代の安井さんに、全部自作の織田信長の人形をプレゼントしていただきました。

仕事の合間に趣味でされているので、5ヶ月制作期間を要されたようです、びっくりいたしました。 文献を探され、出来るだけ忠実に、一つ一つ作られたとの事でした。

凛々しく力強い信長は、今の私にはまぶしすぎますが、怠惰をいさめるには適しているように感じました。

第二の人生のスタートには、これくらいの、気迫が無いと流されそうです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ここらで一服!
2020年4月22日

新型コロナで、家にこもっております。 行きつけの喫茶店も休業なので、

京都は洛中の人で保たれていた。
2016年7月23日

洛中の旦那衆に依って、寺社やまつりや学校が出来たと書いてまいり

京料理
2016年7月23日

  何故京料理がもてはやされるのか?和食の真骨

洛中に入ろうとした私・入らなかった井上さん
2016年7月23日

私は、京都の洛中に入り篭絡されたのかもしれません、洛中に住んで

「京都ぎらい」井上章一さんに物申す
2016年7月15日

こんなタイトルをつけるのは、不本意ですが、ネット検索にはこれが一番だと

PAGE TOP ↑