月に小菊

    短冊秋

    萩

うどん屋 萬樹

公開日: : 最終更新日:2014/04/27 頑固おやじのひとり言, 食べたり呑んだり

チャイムがなり、宅急便のお届けでした。何処からだろうと送り状の住所を見ると、懐かしい萬樹さんからのお届け物で、手打ち生うどんのセットが届きました。

良くテレビに出てくる、祇園辰巳神社の橋を南に下がった、狭い10名も入ったら終わりのおうどん屋さん、呉服屋さんの息子さんであったにも関わらず、根っからのうどん好きで、手打ちうどんにこだわっておられました。

京都らしく、一日何杯と決められ、それが売り切れるとのれんを下ろされるような店で、当時は列が出来るようなお店でした。 6年程前に健康の事情もあり閉店され、その後をたまたま私の紹介で、きものアロハのPAGONの1号店となりました。
受注生産なので、時間もたっぷりあり、自然との生活を満喫されているようでした。

好きな事を仕事に生涯暮らされるのは素敵ですね。
ここでは、政治の無策や、不況もあまり影響しないようですね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    • 0
    • 86
    • 2021年2月3日
PAGE TOP ↑