*

お金の為に魂は売らない

公開日: : 最終更新日:2014/04/27 わがまま言い放し, 京都ってこんなとこ

友人に誘われ、郊外のステーキ屋さんに同行しました。
30年以上続いている感じのお店でした。美味しくて、とてもこだわりをもたれているオーナーシェフで、頑固一徹の様な感じでした。
仕入は、滋賀県(近江)の提携牧場のみです、自分で出向いて確認して買われるとの事、最近は、サシが多いのが好まれているが、本当に美味しい牛肉は、サシの多さで決まる物では無い、サシが多いと胃にもたれてしまう、しかし最近のお客様はサシのことばかりを注目される、そのためにサシを入れる様な育て方をして売る業者が多い、肉屋が魂を売った商売をしていると嘆かれていて、自分はそれを絶対しないと断言され。料金もリーズナブルでした。

決して儲かっている様にはおもえませんでした。 これが職人気質という物なんでしょう、最近の産地偽装はまぎれもない、魂を売り渡した行為なのでしょう、生産日の少し改ざんは、規則の適用の違反であった、確信犯か、過失かとの違いなのかもしれません、その分かれ目が再興できるかでき無いかの線なのでしょうね!

最近の雇用調整にしても、経営者としての大変な決断かと存じます。資本主義的な考えなら、肯定される事が、日本的考えなら否定される、しかし乍ら、資本主義のルールを適応される企業であるというジレンマです。

京都の老舗にはたった一品、それだけをかたくなに進化させている店が多い、それゆえ大きくもならず、好況の恩恵も少なく、不況でも継続させていける、他をもって換え難い店が少なからずあります。少し変えれば儲かるといわれても、自分流を守る不器用な生き方です、私はそんな人が好きです。

積極的な諦め「明め」と言っています。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本列島の歴史は?
2020年3月30日

私達の学んだ人類の歴史は間違っていました。最近はDNA鑑定や、物品の歴

日本人はどこから来たの
2020年3月30日

「日本人の両親のもとに生まれた、あるいは日本で生まれ育った人は、ごく自

施設の掲載料雑誌掲載料
2016年8月29日

「雑誌に掲載する写真等の料金はいらないのでは」という事ですが、それ

京都は洛中の人で保たれていた。
2016年7月23日

洛中の旦那衆に依って、寺社やまつりや学校が出来たと書いてまいり

お・も・て・な・し
2014年5月13日

昔、飲食業をしようと思って友達に話したら「茶道」を勉強したらと進言され

PAGE TOP ↑