*

GW

公開日: : 最終更新日:2014/04/27 わがまま言い放し, 京都ってこんなとこ

今年のGWは、風邪気味で京都で過ごしました。テレビは上海万博、首相の沖縄訪問、韓国哨戒艦沈没事件 、高速道路情報が殆どでした。

1日だけ京都・鞍馬のまだ山奥の花脊、車で1時間弱かかって工芸離世の徳力さんを尋ねました。かれこれ30年以上通っています。桜が残っていました。 おそばをいただきました。

彼からはいろんな事を何時も教わっています。広河原の松上げや、鞍馬の火祭、京都、滋賀、福井の県境の久多の祭りや、工芸、しきたり等です。彼の影響で、私の京都好きが昂じているのかも知れません。

今は、興福寺の阿修羅を版画を受注したり、お寺からのご依頼で下賜品を企画されたりされています。

彼の家は代々、西本願寺の絵師を務められておられ、来年は親鸞上人750年の大遠忌があり、西本願寺さんから1億円のご注文を受けられておられます。
しかし、30年にかけての納品との事、気の長い話しですね、お伊勢さんの式年遷宮より長いですね。

彼の今のヒット商品は、金平糖を美しい箱に入れ販売している物との事郷愁を誘う心憎いお土産です 。
今大手有名業者からこれから、20年のお土産の企画をたのまれておられるようです。

彼は、パッケージ等のデザインが得意なのですが、飲食店の企画から内装、メニューの相談までを受けています。
結構流行っている店が多く、何時も忙しそうにしています。貧乏暇無しと言いながら、楽しんでおられます。京都の着倒れの精神を受けつながれています。

伝統を踏まえながら、現代にも通ずる物を提案し続けられるでしょうね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本列島の歴史は?
2020年3月30日

私達の学んだ人類の歴史は間違っていました。最近はDNA鑑定や、物品の歴

日本人はどこから来たの
2020年3月30日

「日本人の両親のもとに生まれた、あるいは日本で生まれ育った人は、ごく自

施設の掲載料雑誌掲載料
2016年8月29日

「雑誌に掲載する写真等の料金はいらないのでは」という事ですが、それ

京都は洛中の人で保たれていた。
2016年7月23日

洛中の旦那衆に依って、寺社やまつりや学校が出来たと書いてまいり

お・も・て・な・し
2014年5月13日

昔、飲食業をしようと思って友達に話したら「茶道」を勉強したらと進言され

PAGE TOP ↑