*

刻磁(磁器にノミで掘って絵を描く)

公開日: : 最終更新日:2014/04/28 ひとり言, わがまま言い放し

前話で中国からの芸術家孫先生が来京しておられると、報告しておりましたが、ようやく、作品が到着いたしました。

景徳鎮(ケイトクチン)で焼いた瑠璃色のお皿がメインで、手製のノミの様なもので刻みつけ絵を描かれるのです。

入れ墨の様なものなのでしょうか?点描画みたいでもあります。大きいお皿は1M以上有り、小さいのは30CM程度です。

先週は、知恩院の門跡様の書を、注文に応じて篆刻しておられました。 「キンキン」という金属音がこだましていますが、根を詰める作業で、1日にあまり進まない、西陣の手旗職人さんの様でした。

孫先生の師匠は人間国宝で、作品は非売品であり、中国の要人が他国に訪問される際にお土産とされるようです。昭和天皇にも献納されているようです。日本も明治天皇は、日本の伝統工芸品を買い上げ、各国へのお土産にされていました。伝統工芸を支えていたのは、一部の谷町だったのでしょうね。

仏像彫刻もありましたが、眼の表情がやはり唐様で、孫先生も日本の仏像を数多く写真撮りをなさっていました。

9月7日(火)~14日(火)まで、京都国際工芸センターで実演と展示があります。のぞいて見て下さい。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ここらで一服!
2020年4月22日

新型コロナで、家にこもっております。 行きつけの喫茶店も休業なので、

京都は洛中の人で保たれていた。
2016年7月23日

洛中の旦那衆に依って、寺社やまつりや学校が出来たと書いてまいり

京料理
2016年7月23日

  何故京料理がもてはやされるのか?和食の真骨

洛中に入ろうとした私・入らなかった井上さん
2016年7月23日

私は、京都の洛中に入り篭絡されたのかもしれません、洛中に住んで

「京都ぎらい」井上章一さんに物申す
2016年7月15日

こんなタイトルをつけるのは、不本意ですが、ネット検索にはこれが一番だと

PAGE TOP ↑