*

季節を食べる2「かにづくし」

公開日: : 最終更新日:2014/04/27 わがまま言い放し, 食べたり呑んだり

前話で蟹の話を書いていたら、無性に食べたくなりました。
以前「祇園萬両」の女将から、「蟹料理、承りますよ。」とおっしゃって下さった事を思い出し、 行ってまいりました。

石川県の蟹でした。ブルータグが付いていて生きた状態です。

下の写真は勢子蟹(コッペカニ)の写真で、萬両さんのはちゃんとタグがついています。

予約を入れておいたので、さっき届いたばかりとの事。「お造りにもしますか。」と聞かれ、「ではお願いします。」などとしゃべっているうちに、 生きたままの蟹を写真取るのを忘れてしまい残念です。

付き出しに、勢子蟹(コッペカニ)を半分だしてくれました。器は信楽焼きの作家の志野焼きです。

さて、料理は『活蟹のお造り』から始まりました。

かぼすをキュッと絞って食べるか、わさび醤油で食べます。

一緒に行った友達の顔は声も出ないくらいとても満足そうでした。
お造りは京都でも活け蟹を扱っているところでしか食べられません。

続いて『焼き蟹』です。
飲み物は甲羅にお酒をいれた『蟹酒』です。
蟹のお味噌も入り、なんとも言えない風味で、おかわりまでしていまいました。

メインは『蟹の鍋』です。
白菜、えのき、しゅんぎく、しいたけを入れます。

締めはもちろん、『蟹ぞうすい』でした。

お漬物は、かぶらの葉っぱの野沢菜風、大根のカツオまぶし、きゅうりの昆布締めでした。

これで二人で料理だけで3万円、蟹の仕入れ金額を考えると儲けがあるのかと心配しました。

友達共々、今年お初の蟹でおなかが一杯になり満足満足でした。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

京料理
2016年7月23日

  何故京料理がもてはやされるのか?和食の真骨

no image
食文化
2013年4月16日

私の母は、人工甘味料が入ったものを、食べないでと良く注意しておりました

no image
あなたの為の贅沢レストラン
2012年7月5日

週刊誌を見ていたら巻頭のグラビアに、懐かしい柳さんが載っておられました

no image
職人魂 (こだわり)
2012年2月17日

京都倶楽部の会員様で、カナダ・トロントで懐石料理「橋本」を経営されてお

no image
お茶屋のバー
2011年6月1日

「お茶屋のお座敷は一見客お断りだとして、ホームバーに立ち寄るだけでも、

PAGE TOP ↑