*

保守と前衛

公開日: : 最終更新日:2014/04/27 わがまま言い放し, 京都ってこんなとこ

京都は昔から今まで、保守と前衛が共存しています。
古い物だけを伝承しているだけではなく、革新を繰り返しているから、立ち止まらないで発展しているのでしょう。
また良いものと悪い物、便利なものと不便なものと同居しています。意見がどちらかには偏らないんで、全部が賛成という事は必ずありません。 反対は必ず出て来ますから、強い意志をもってやり遂げないと何事も出来ないんです。

桜の時期は例年混雑するので、まだ桜が咲かない時期に開催するという遠慮をしながら、3月に東山地区、北は青蓮院から南は清水寺まで、 花灯路(道の両側に行灯を並べるたり、ライトアップしたり)が開催されていますが、 今年で五年目になりました。

最初は近隣住民の皆さんから、混雑と喧騒の為、反対されていました。
お寺などが新聞に謝罪広告を載せたりして大変苦労されましたが、京都名所はだんだんこの行灯を使うようになり、 その結果、夜の観光行事が出来るようになり、宿泊客が増えてまいりました。

やりつづけないと終わってしまいます。
都市は成長すれば、新たな魅力と問題が生まれるという矛盾を持っています。

今年、京都景観条例が改定されました。高さ規制が強化され、土地価格の高騰が抑制され、規制区域の住民によっては財産価値が減る人も出てくるのですが、反対の声が少なく意外でした。
電飾看板等も規制がかかります、すこし暗めの街になりそうです。これは反対は殆どありませんでした。

自分の損得も大事ですが、京都にとって+か-で判断されているのかなと思います。

何事も一方方向に皆が動くような町ではありません、「保守と前衛」。行き過ぎると必ずゆり戻しがくるのは、京都の維持装置かもです

1つ前
日本の文化
1つ後
桜ボケ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本列島の歴史は?
2020年3月30日

私達の学んだ人類の歴史は間違っていました。最近はDNA鑑定や、物品の歴

日本人はどこから来たの
2020年3月30日

「日本人の両親のもとに生まれた、あるいは日本で生まれ育った人は、ごく自

施設の掲載料雑誌掲載料
2016年8月29日

「雑誌に掲載する写真等の料金はいらないのでは」という事ですが、それ

京都は洛中の人で保たれていた。
2016年7月23日

洛中の旦那衆に依って、寺社やまつりや学校が出来たと書いてまいり

お・も・て・な・し
2014年5月13日

昔、飲食業をしようと思って友達に話したら「茶道」を勉強したらと進言され

    • 8今日の訪問者数:
    • 73昨日の訪問者数:
    • 709先週の訪問者数:
    • 148月別訪問者数:
    • 0現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日2014/4/29:
PAGE TOP ↑