*

日本国民

公開日: : 最終更新日:2014/04/27 ひとり言, わがまま言い放し

「経済の発展に加え、心が満たされる幸せがないと、社会の安定、安寧はない」
と京都同友会の代表幹事の再任の弁であります。

経済の発展の為に、見過ごしていた事が多く、大震災に会い、痛烈に、日本国民は素敵に思えました。
安心、安全を犠牲にし、発展を望んで来ただけでは無しに。

安心で安価な新エネルギーを自然に求め、研究されている方も沢山おられます、又、電発関係者の中に、自分の命を縮めてでも、何とか、被害を食い止めようと死力を尽くされている方もおられます。
天皇陛下ご夫妻も、被災地に何度か訪問され、膝を折って慰めておられます。

多くのボランティアの方が全国から集まり、救援物資も集まりすぎで、余っているのもあります。
ネットで、新しい救援物資を集めて、自分たちのルートで運ぶというメールも何通もまいっております。
世界各国からも、応援の活動が報告されています。

被災地以外でも自粛ムードながら、自分達が元気を出すことの方が良いのではと考えそろそろ行動が始まっています。
宮川町の「京おどり」も終え、370万円の会場からの義捐金が寄付されていました。
先月も京都駅等での募金活動をなさっていました。 その他、いろいろな趣味の会等からも寄付が続いております。他の地も同様でしょう!

心が満たされます。「いい国ですね日本は」

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ここらで一服!
2020年4月22日

新型コロナで、家にこもっております。 行きつけの喫茶店も休業なので、

京都は洛中の人で保たれていた。
2016年7月23日

洛中の旦那衆に依って、寺社やまつりや学校が出来たと書いてまいり

京料理
2016年7月23日

  何故京料理がもてはやされるのか?和食の真骨

洛中に入ろうとした私・入らなかった井上さん
2016年7月23日

私は、京都の洛中に入り篭絡されたのかもしれません、洛中に住んで

「京都ぎらい」井上章一さんに物申す
2016年7月15日

こんなタイトルをつけるのは、不本意ですが、ネット検索にはこれが一番だと

PAGE TOP ↑