*

ピカソから七つの助言

公開日: : 最終更新日:2014/04/28 ひとり言, わがまま言い放し

先輩から、春節のお祝いのお便りをいただき、その中に助言がありました。
http://matome.naver.jp/odai/2133886293222132401 

1. 必ず出来ると信じろ
2限界超えをしろ
3「適正な時」を待つな
4先ず動 け 5正しく問え
6ジャッジをするな、隠された美を直感視しろ
7遅すぎるなんて事は 何もない

3はインスピレーションを大事にせよ、(現場に戻る)友達から教えていただきました。
その通りだ、今の若い人に教えたいと思いました。

私は自分が成功するまでは、この様な気持ちで進んでいたと思います。
「満足したら 後は落ちるだけ」という格言もあります。
満足すると、必ず出来なくても、限界を超えなくても、現場に行かなくても、動かなくても、他人の考えを自分でジャッジしていました。

最近は、インスピレーションが湧いたら、直ぐに動きます、正しいジャッジをしてくれそうな方に相談します。
又NETで検索します。とても便利です、それを自分で検討いたします。
動いた結果を反省し、軌道修正をして行きます。
その動きは、その件で 繋がらなくても、他の事で繋がる事もあります。
無駄にはなりません、カードをたくさん持った様になります。

もう還暦も過ぎていますから、遅いとは思いますがなんら支障はありません。
インスピレーションが湧かないと意見も言いませんし、行動には移しません。
朝の散歩も、 ほとんど無口で、考え事をしています。
若い時には、考えてないで、インスピレーションだけ(思いつきだけ)で動いてしまっていましたと反省しています。

健康の為にも積極的に動くようにします。仕事の話なら、先輩や友人に気軽に会いに行けます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ここらで一服!
2020年4月22日

新型コロナで、家にこもっております。 行きつけの喫茶店も休業なので、

京都は洛中の人で保たれていた。
2016年7月23日

洛中の旦那衆に依って、寺社やまつりや学校が出来たと書いてまいり

京料理
2016年7月23日

  何故京料理がもてはやされるのか?和食の真骨

洛中に入ろうとした私・入らなかった井上さん
2016年7月23日

私は、京都の洛中に入り篭絡されたのかもしれません、洛中に住んで

「京都ぎらい」井上章一さんに物申す
2016年7月15日

こんなタイトルをつけるのは、不本意ですが、ネット検索にはこれが一番だと

PAGE TOP ↑