*

チェンジはチャンス

公開日: : 最終更新日:2014/04/27 ひとり言, わがまま言い放し

世界的に不況感が蔓延していますね!日本の政治も111話で懸念していた通りに解散選挙はありませんでした。しかしながら、もう何とかしないとと思われる政治家が連立を組みながら打破に動きだすでしょう!

日本は何度も立ち直って来た歴史があります。なんとかなると信じております。今出ている現象は過渡期に何度もあった事ですね。
京都は歴史的に見ても、何時もその舞台となって来ました。今年の京都は、不況の中でも紅葉で観光客が溢れていました。流石に財布は固いようですが、ご婦人方は独特の感性で対応されているのでしょう、力強く思えます。

元証券会社の重役の先輩から、手作りのりんごをお送りいただきました。答礼のお電話を差し上げた所、長野に移住し、二年目を迎え、ようやくおいしいりんごが出来たので、送ったとの事でした。夏はゴルフをしながら、冬には、たまには時給750円のスキー場でバイトしている、リタイア組が150人ぐらいおられて、一緒に農業をしながら楽しんでいる、貴方も是非遊びにおいでと呼んでいただけました。

又、商社勤めの先輩はバリ島で7年目を迎えられ、67歳とは思えない若い感じで、 最近は自分が飲む為に、日本酒を造っているとおっしゃっていました。カラオケもすごく上達されていました。 以前は日経を隅々まで読まれていましたが、この何年かは使わない情報はいらないからと言って、日本のニュース番組しか見られていないようです。一ヶ月程、バリで暮らせば、考え方も変わるよと誘っていただけました。

今回の不況は、世の中の仕組みを変えるだけでなく、人生の価値観も変えていくことでしょう、心と健康があり、夢がないと未来に向かえないのではないでしょうか?

過去の転換期に元気だった人を歴史から学んだり、元気な人と接したり、自然に親しみ、自分の頭と心を整理するチャンスの時なのかもと考えます。
私ももっと自然の中に身をおくようにします。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ここらで一服!
2020年4月22日

新型コロナで、家にこもっております。 行きつけの喫茶店も休業なので、

京都は洛中の人で保たれていた。
2016年7月23日

洛中の旦那衆に依って、寺社やまつりや学校が出来たと書いてまいり

京料理
2016年7月23日

  何故京料理がもてはやされるのか?和食の真骨

洛中に入ろうとした私・入らなかった井上さん
2016年7月23日

私は、京都の洛中に入り篭絡されたのかもしれません、洛中に住んで

「京都ぎらい」井上章一さんに物申す
2016年7月15日

こんなタイトルをつけるのは、不本意ですが、ネット検索にはこれが一番だと

PAGE TOP ↑