*

ミシュランガイド京都・大阪

公開日: : 最終更新日:2014/04/27 わがまま言い放し, 食べたり呑んだり

10月16日に発売されるようですが、頑固のひとり言90話「京都にもミシュラン」で載せさせていただきました。

京都の老舗で、日本料理を世界に広めようというNPO「日本料理アカデミー」の役員でもある店が反対しているという記事をみました。おかしいな?と感じました。
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20090604/1026731/

京都観光には絶対にプラスになるわけですから、反対とは立場上絶対に言えません、反対をしている方の人格を疑ってしまいました。

私はその方を知っているから、何かの間違いではと思ったので良かったですが。
マスコミは眉につばをして読まないといけませんね。絶対に取材は受けないようにしないと、悪者にされる可能性も大きいですね。

昨年の東京版は功罪があったようです。京都の割烹料理屋は、席数も少なく、ご贔屓だけで成り立っている店が多く、マスコミに載ることを嫌います。

見知らぬ客に雰囲気を壊され、お贔屓さんがこなくなるおそれがあります。一見さんをお断りする理由なのです。区別があるから、御贔屓がうまれるのです。

そんなお店は功よりも罪を受けたくないのです。
それが永年の経験のなかから知恵となり出てくるのです。
新興の料理店は少しでも認知度を上げる苦労をしていますから、星を欲しがるでしょうね。
すべて、料理店の考え方です。

又、ミュシュランガイドを買ったら、私のお薦めのお店を秘密で載せますね!口コミは問題ないでしょう!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

京料理
2016年7月23日

  何故京料理がもてはやされるのか?和食の真骨

no image
食文化
2013年4月16日

私の母は、人工甘味料が入ったものを、食べないでと良く注意しておりました

no image
あなたの為の贅沢レストラン
2012年7月5日

週刊誌を見ていたら巻頭のグラビアに、懐かしい柳さんが載っておられました

no image
職人魂 (こだわり)
2012年2月17日

京都倶楽部の会員様で、カナダ・トロントで懐石料理「橋本」を経営されてお

no image
お茶屋のバー
2011年6月1日

「お茶屋のお座敷は一見客お断りだとして、ホームバーに立ち寄るだけでも、

PAGE TOP ↑