*

40歳過ぎてからの京都

公開日: : 最終更新日:2014/04/27 わがまま言い放し, 京都ってこんなとこ

いろんな国を回り、何処に住みたいかを考えました。
ハワイもいいし、オーストラリア、イタリア、アメリカもいい。

  

しかし一年住めるかを考えると、「やはり自分の生まれ育った京都かな。」という結論に達しました。
一ヶ月毎に変わる環境、食、祭。都会でありながら、わずか30分で自然の中に行くことが出来、自然があり、歴史があり、 少し勉強すればいろんなことを体験できるところもあります。

多くの友人知人に囲まれ、息苦しいと思うこともありますが、程よい緊張感を持ちながら生活するのも、 「人の道を踏み外さない装置なのかなぁ。」と思います。

色々な集いに出ると必ず誰かと出会い、旧交を暖められることも出来、又、新しい未来を開く事も可能です。
少し余裕のある時間とお金と知恵と教養は、生活に潤いをあたえてくれます。

若い頃、お寺の庭園などは「綺麗だなあ。」と思いながらも、ただ通り過ぎていました。年を経て、それらの庭園の作り手の意志を知った時、違った見方から味わえる様になりました。 ふすま絵にしても、単なる墨絵だと思って見るのと、よくよく眺めて見るのは違い、後から聞くと、実は凄い作品で、作者は狩野探幽だったりしたこともあります。


廬山寺

身近な所に美術館顔負けの文化財があったりするのです。

たまに奮発して頂くお料理は、本物の素材の味を楽しめ、 料理方法はもとより、茶道に相通ずるおもてなしが受けられ、 自分で感じる事も出来るようになってまいります。
これらが奥いきを知る事なんでしょうね。

不細工と言う言葉があります。
考えなしにする事です。そこに少しの工夫をする事により、何倍かの価値に変える事が出来るのに勿体無いなあと言う意味に使われています。

京都は細工の町です。 「お茶」、「お花」、「料理」、「作法」一つにも工夫をしようという精神が、今のところまだ色濃く残っているところがあります。

残念だなぁと思うことは、京都に住んでいる人でその心意気に気づいていない方もおられるところです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本列島の歴史は?
2020年3月30日

私達の学んだ人類の歴史は間違っていました。最近はDNA鑑定や、物品の歴

日本人はどこから来たの
2020年3月30日

「日本人の両親のもとに生まれた、あるいは日本で生まれ育った人は、ごく自

施設の掲載料雑誌掲載料
2016年8月29日

「雑誌に掲載する写真等の料金はいらないのでは」という事ですが、それ

京都は洛中の人で保たれていた。
2016年7月23日

洛中の旦那衆に依って、寺社やまつりや学校が出来たと書いてまいり

お・も・て・な・し
2014年5月13日

昔、飲食業をしようと思って友達に話したら「茶道」を勉強したらと進言され

    • 6今日の訪問者数:
    • 73昨日の訪問者数:
    • 707先週の訪問者数:
    • 146月別訪問者数:
    • 0現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日2014/4/29:
PAGE TOP ↑