祇園祭 蘇民将来子孫也

祇園祭とは

平安時代の京都は、その地理的特徴から、長雨の続く梅雨の時期になると、京都盆地は洪水に見舞われたり川がが溢れるなどで、都が水浸しになり、その結果「疫病」が流行し、多くの人々が命を落としました。京都を都として実質的に日本を支配していた天皇や貴族たちは、梅雨の時期に人が死ぬ原因を、政治の争いで自分たちに敗れて死んでいった人たちの祟りと考え、その霊を慰める祭りを盛んに行いました。怨霊をなだめ、疫病がこれ以上蔓延しないように祈願する祭、これを「御霊会(ごりょうえ)」といいます。

貞観11年(869)には疫病が大流行したため、朝廷は神泉苑(二条城の南側に位置する京都市中京区にある東寺真言宗の寺院、祇園祭発祥の地。)いつもは、天皇や皇族専用の庭園であったが、この日に限り、門が開かれて、一般の人々も御霊会に参列することができました。当時の日本全国の国の数にちなんで66本の鉾(ほこ)を立て、祇園の神(スサノオノミコトら)を迎えて、災厄が取り除かれるよう祈念しました。

鉾とは元来神の依り憑くもの(よりしろ)と考えられていて、後で燃やしたり壊したりして、依り憑いた疫神などを退治したとされます。(長刀鉾などの最上段に飾られているのが鉾です。)



その祭の一つが、東山の麓に鎮座している祇園社(現八坂神社)で執行された、祇園御霊会(ぎおんごりょうえ)でした。 氏子達は故事に従い蘇民将来子孫であるとし、疫病退散の粽(ちまき)を門戸の前に飾り、疫病除けといたしました。梅雨の最中の旧暦6月7日(現在は新暦7月17日)に、祇園社(現八坂神社)から3基の神輿が出発し、京都市中を練り歩き、町中の御旅所に7日間鎮まり、6月14日(現在は7月24日)に再び京都市中を巡行して、祇園社(現八坂神社)に戻ります。これが祇園祭の起源とされています。

旧暦6月7日(現在は新暦7月17日)に巡行されるのを神幸祭といい、旧暦6月14日(同7月24日)に再び京都市中を巡行することを、還幸祭といいす。