*

ピンチはチャンス

公開日: : 最終更新日:2014/04/28 わがまま言い放し, ひとり言

政治、経済とも大変な時期を向かえています。 生臭い話は私には話せる能力はありません、先日テレビを見ていたら、同じような事が1929年にもアメリカで恐慌があり、その時は、国が素早い有効な対策が打てず、他山の火事と世界が協調せず、大恐慌にしてしまったと銀行家が発言され、その教訓が活かされたらいいのにと言われていました。

温故知新ですね、今回の急激な円高は何を意味しているのでしょうか?バブルでの経験が活きたのでしょうか、日本の金融機関は欧米に比べて被害は少ない様です。しかしながら、円に期待をかけられているのでは?しかし日本の株価は急激に下がり、このまま行けば、他国と同じように沈んでいくのでしょうか?国内の政争は棚に上げ、先ず国益を優先して、協調して経済問題を解決すべきではないのでしょうか?

こんな事を、予測していた方がおられました。年初に今年は何か世界を動かす事件が持ち上がるから、あなた、自分自身をスリムにしておきなさいとおっしゃっておられた事を思い出します、私自身はまだまだ、何をも始められていないので、リサーチばかりしていました。その方は、いいチャンスがやって来た、これから出番と鉢巻を締めておられました。これからは、能力の有る人が真価を発揮し易い時期になるからだとおっしゃっていました。また「泥下花咲く」ともおっしゃいました。汚い所にきれいな蓮の花が咲くことらしいです。

頑固の第一話に書きました。京都いや日本は壊滅な状態を何度も乗り越えて来た数千年の歴史を持っています、なんとかなると信じ、自分の出来る最大限の力を発揮する時期に来たのかもです。 ついでに二話三話もご覧下さい。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

京都は洛中の人で保たれていた。
2016年7月23日

洛中の旦那衆に依って、寺社やまつりや学校が出来たと書いてまいり

京料理
2016年7月23日

  何故京料理がもてはやされるのか?和食の真骨

洛中に入ろうとした私・入らなかった井上さん
2016年7月23日

私は、京都の洛中に入り篭絡されたのかもしれません、洛中に住んで

「京都ぎらい」井上章一さんに物申す
2016年7月15日

こんなタイトルをつけるのは、不本意ですが、ネット検索にはこれが一番だと

no image
日本人の使命
2014年2月23日

日本人の勤勉さの原点は、自然を相手にただ懸命に生きるだけではなく、日本

    • 6今日の訪問者数:
    • 73昨日の訪問者数:
    • 707先週の訪問者数:
    • 146月別訪問者数:
    • 0現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日2014/4/29:
PAGE TOP ↑