*

利休にたずねよ

公開日: : 最終更新日:2014/04/27 わがまま言い放し, 京都ってこんなとこ

友人から利休の本を読んでごらんと言われ、お盆休みに『利休にたずねよ』を読んで見ました。

秀吉の利休に対する嫉妬から、切腹を申しわたされ、謝れば許してもらえるのに、認めないで、その命に従う利休を、切腹を命じられる日から段々過去に遡っていくお話形式で、当時の歴史上の人物の様々な見方や、動静を知ることにより、利休の存在、生き方、究極の美にたいする求道者魂を表現している。

丁度、NHKの大河ドラマ「天地人」と重なり天下統一を成し遂げた秀吉の孤独感から来る猜疑心満載の施政策が、現在の独裁体制下の国家の有り様を推察されました。

茶の湯という文化から歴史を語られ、歴史を遡る手法は、独特の趣があり、直木賞受賞もむべなるかなと感心いたしました。

作家の山本兼一さんが50代半ばであり、大徳寺の千家の菩提寺である聚光院に学生の頃下宿をされていたと言う事を、読後に教えてもらいました。

私にもっと茶道の知識があれば、目に取る様に想像の中で復元出来たろうと思い残念でした。

9月には、作者の火天の城が映画化されます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本列島の歴史は?
2020年3月30日

私達の学んだ人類の歴史は間違っていました。最近はDNA鑑定や、物品の歴

日本人はどこから来たの
2020年3月30日

「日本人の両親のもとに生まれた、あるいは日本で生まれ育った人は、ごく自

施設の掲載料雑誌掲載料
2016年8月29日

「雑誌に掲載する写真等の料金はいらないのでは」という事ですが、それ

京都は洛中の人で保たれていた。
2016年7月23日

洛中の旦那衆に依って、寺社やまつりや学校が出来たと書いてまいり

お・も・て・な・し
2014年5月13日

昔、飲食業をしようと思って友達に話したら「茶道」を勉強したらと進言され

PAGE TOP ↑