*

京都体験

公開日: : 最終更新日:2014/04/27 わがまま言い放し, 京都ってこんなとこ

12月に入っても観光客の入洛が多い、嵐山での花灯路のせいか、又は暖かさなのか、12日の土曜日はどのホテルも満室の様です、これは、行政と仏教会と商工会議所で始められたのですが、もう7年ぐらいは続き、風物詩となってまいりました。

初めは、地域住民等からの苦情もありましたが、京都は良いことなら続けると認知されているようです。それは住人に取っては迷惑ですが、観光客が喜ぶなら、我慢をされる体質かもです。
その代わり行灯等も趣向を凝らされ京都らしくなっています。花灯路の時期以外は、観光名所にも貸し出されています。

又、体験型の観光も積極的になってまいりました。
京都「千年の心得」行政や、観光協会等の主導で、段々と、京都観光のまとまりが出てまいりました。寺院、茶道、花街、伝統芸能、料理店が協力されています。

京都に住んでいても味わいにくい企画で、観光の質的な向上をめざされています。
ただ、建築物を見るだけでは無しに、味わえる内容となっています。
いま若い人に静かなブームになっている、仏像彫刻体験や、造園家の11代小川治兵衛との庭園鑑賞等もあります。

又、下鴨神社の巫女に外国人留学生にも門戸を開き、お正月からデビューされます。
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20091208-OYT1T00669.htm

この様に、京都は敷居が高いと言われてまいりましたが、見やすく、参加し易くなってまいりました。

殆どの方はご存じないのですが、祇園祭りの山鉾の綱引きにも多く参加されていますし、時代祭にもミスワールドが先頭を勤めたり、裏千家には外人ばかりの茶道家のグループがおられたり、昔から、外国人には親切ですよ、国際化は文化の面では進んでいます。

非日常な体験をされる事によって、一生の思い出になる事も多いと存じます。
参加すると、違った物も見えてまいります。

1つ前
古い地名
1つ後
節分

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本列島の歴史は?
2020年3月30日

私達の学んだ人類の歴史は間違っていました。最近はDNA鑑定や、物品の歴

日本人はどこから来たの
2020年3月30日

「日本人の両親のもとに生まれた、あるいは日本で生まれ育った人は、ごく自

施設の掲載料雑誌掲載料
2016年8月29日

「雑誌に掲載する写真等の料金はいらないのでは」という事ですが、それ

京都は洛中の人で保たれていた。
2016年7月23日

洛中の旦那衆に依って、寺社やまつりや学校が出来たと書いてまいり

お・も・て・な・し
2014年5月13日

昔、飲食業をしようと思って友達に話したら「茶道」を勉強したらと進言され

PAGE TOP ↑