*

相手の身になって

公開日: : 最終更新日:2014/04/27 それちゃうやろ, わがまま言い放し

中国問題ですが、何十年も間違った反日の教育を受けて来た学生が、日本憎しでデモをおこしたとしても当然であり、日本の大学生も今からみれば間違ったデモがあったのではないでしょうか。 大学を出ても就職が出来ない、フリーターの様な人が、付和雷同するのも分かります。

温家宝首相も、軍部の勇み足であったとしても、軍隊が間違っているとも言えないし、日本に謝罪する事も出来ない。菅首相と正式な会談もできず、にこやかに握手も出来ず、記念写真も近い所で写せば、中国では新聞に載せるのも困難になる。こんな状態では避けるのは当然です。
中国人の官僚も、隠密裡に日本に来られ、会議をなさっているようです。

大阪府知事の招聘中止も万博協会の勇み足だったのでしょうね、前原大臣に対しての苦情も当たり前なのです。
中国の言動で、日本とアメリカとの連携が増し、アジアからも後ろから、押されている状態では有りませんか。
韓国は高見の見物でしょう、みんなその国での国益優先です。

今、世界が動くのは政治では無しに、経済です。
日中問題も、不買運動する人は、あまり日本製を買いません、買える人は買うのです、日本に来る中国人旅行者を見ても分かるでしょう。
日本企業に勤めている労働者が、これをネタに労働条件を良くしようとするのです。それで、日本企業は警戒感から、中国から撤退するか、他の国に行くのです。
反米デモはどの国でも行われていますが、先進国アメリカは動じていません、これを見習うべきで、また中国もこの洗礼は必ず未来に受けるでしょう。

30年前、韓国は日本渡航制限がありました。その時までは、反日でした。
しかし、自由に日本旅行が出来る様になれば、反日ムードは緩和され、日本人旅行者も歓迎されています。
また、インターネットの普及で、中国も孤立しつづける事が急速に困難になります。

相手の国の情勢を鑑みた大人の発言、報道をして欲しいと存じます。
対ロシアも同じです。落としどころを考えなければ、答えはなかなか出ません。拉致問題を見ればよく分かります。

日本人が嫌いな国中国、しかし、早く成長して欲しい国中国なんです。あきらめ掛けている国北朝鮮なのです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
オリンピック選手のマナー
2014年2月25日

関西だけのTV「たかじんのそこまで言って委員会」で、メダルを噛むのは良

no image
立場を考えてあげる
2014年1月31日

地域おこしの専門家の講演で、原発事故で、未だ帰れていない住民の対策を話

no image
精神文化の教育
2013年8月26日

友人のFacebookに乗っていたyoutubeの反日勢力・・・・

no image
戦前の教育と戦後教育
2013年8月14日

先日、大学教授から、忠臣蔵を知っている学生が、5パーセントもいない事を

no image
就職活動
2013年8月1日

大卒で就職しても、3年で3割が辞めて行くようです。 転職も思っている

PAGE TOP ↑