*

私の正月

公開日: : 最終更新日:2014/04/27 わがまま言い放し, 京都ってこんなとこ

大晦日の大雪が、京都に新年を招きました。 真っ白な雪景色は、心を洗ってくれるようでした。

永年懇意にしていただいている、大徳寺聚光院の、お正月の集いに妹の家族と共に、参加させていただきました。

30名あまりの方が既に来ておられ、祝い膳と祝い酒をお召しになり、談笑されていました。

懐かしい顔も見られ、久しぶりにお話しする事が出来ました。
特に今年は、女性ばかりの弦楽四重奏のメンバーが東京から来ていて、G線上のアリアと八木節を演奏して下さいました。場所柄もあるかもしれませんが、八木節は又聞きたいなという気になりました。

お客様の中で、三好芫山さんもお見えで、狩野永徳のふすま絵のある本堂で、尺八を奏でていただき、正月気分が身体に充満しました。

仏壇の並んでいる所には、千利休の仏像もお祀りされていました。
尊顔を拝すのは始めての経験でした。

縁側には赤い毛氈が敷かれ、雪のお庭とのコントラストが鮮やかでした。

帰りには、来賓のかたが、「夜噺の会」をなさるので、来て下さいとお誘いを受けました。
京都は程よい広さ、人口で、新しい人脈が続いて行くのを、再認識いたしました。
行事に参加していくことで、歴史を知ったり、文化を体感し、同好の人脈形成がされます。 儀典都市京都ですね!!

そうそう、たまたま友人が香港の夫妻を、その場に連れてこられました。とても感激されていました。

1つ前
史跡の中で
1つ後
一陽来復

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本列島の歴史は?
2020年3月30日

私達の学んだ人類の歴史は間違っていました。最近はDNA鑑定や、物品の歴

日本人はどこから来たの
2020年3月30日

「日本人の両親のもとに生まれた、あるいは日本で生まれ育った人は、ごく自

施設の掲載料雑誌掲載料
2016年8月29日

「雑誌に掲載する写真等の料金はいらないのでは」という事ですが、それ

京都は洛中の人で保たれていた。
2016年7月23日

洛中の旦那衆に依って、寺社やまつりや学校が出来たと書いてまいり

お・も・て・な・し
2014年5月13日

昔、飲食業をしようと思って友達に話したら「茶道」を勉強したらと進言され

PAGE TOP ↑