月に小菊

    短冊秋

    萩

お茶屋のバー

公開日: : 最終更新日:2014/04/29 頑固おやじのひとり言, 食べたり呑んだり

「お茶屋のお座敷は一見客お断りだとして、ホームバーに立ち寄るだけでも、誰かの紹介が無い一見客は無理なのでしょうか?」という質問がありました。

現代ではなくなりつつある常識です。
御茶屋側の立場での見方をお知らせいたしますと

  1. たいていの御茶屋さんは女性だけで運営されています。生活をされている家の場合が多い。見知らぬお客様は、どのような人かは解りません、不安が先に立ちます。
  2. ほとんどの店は常連さんでなりたっています。常連さん優先に考えます。雰囲気を壊す方は入れたくない。
  3. 料金表もなく、カードを扱っていない店も多いので、支払いでもめる事をしたくない。
  4. 紹介の方は、その方に仲裁をお願いできる。
  5. どんなお客様であるのか前もって聞いておければ心配しなくて、紹介者の話からでも、糸口があります。常連客は御茶屋さんも大事にします。 紹介したく無い方
  6. は、紹介しません。

一時的な繁盛より、継続してお店をする事が大事とお考えです。

昔の御茶屋さんは、請求は1年に一回でした。

その間、料理代・お花代お車代全部お立て替えされます。

1年に一回のお支払いです。よっぽどの信用のある人しかつけに出来ませんでした。

今は毎月になっています。飲んでいるときに、数字を見せ支払いをさすことは、興ざめするとお考えでした。無粋な事ですね。英国等の会員制倶楽部の原型の様なものとお考え下さい。
気に入らない客は入る事も出来ません、ましてやメンバーになれないのです。

京都の花街はほとんど一緒のしきたりです、店により違いがあるくらいです。

私は御茶屋さんは遠い親戚と思ってくだい、行くときには、先ず連絡し、何をしたいかを告げ普段着ではいかない、色んな質問やお願いはされてみたらいかがですか。
お土産は何がいいのか?次に行く店、何処を観光すればいいのか?

常連になればホテルの予約なんかも頼めますよ。常連さんの中には、医者、僧侶、呉服屋さん等もおられます。コンシェルジェですね!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    • 1
    • 39
    • 2021年2月3日
PAGE TOP ↑