*

何故外国人は日本の商品を欲しがるか?

公開日: : 最終更新日:2014/04/27 ひとり言, わがまま言い放し

発展途上国の企業の目からすると、「メード・イン・ジャパン」という原産地証明は、日本人や日本企業が考える以上に価値を持っているようだ。
量産品質の高さである。故障が少ない、異常が 少ない、サービスが不要であるなどのメリットである。

日本の工場の量産品質の高さは、以下の4つのことから生み出されている。
海外企業が日本に工場を持つ時代にもなった。

1つは、現場の作業者の気づきや工夫を取り込む現場管理の方式である。
海外の工場は進化しないといわれている。日本では、現場の人々がさまざまな改善のアイデアを出すことによって、生産効率の改善や不良品の削減が行われている。

第2は、製造現場と設計部門の距離が近いために、現場の人々が生み出した知恵を次の製品の製品設計に生かすことができる。

第3のファクターは、現場の人々の仕事への姿勢である。
拝金主義では無しに、仕事魂を入れる。このような意識は、文化的な産物であり。

第4は、多様なサプライヤーの仕事の質の高さである。
部品や原材料のサプライヤーの仕事の質、電力会社の電力の供給の仕方も製品の品質を左右する。
鉄道や物流会社の仕事の質も重要である。
品質は、一国の産業全体の産物なのである。

このように考えれば、工場を日本に持つことの価値は高い。
にもかかわらず、日本の企業はその価値に気
海外へ行ってみて、その価値を悟るという例も少なくない。

日本企業にとっての戦略的な課題は、高くても買ってもらえる価値を訴求することである。
又、部品メーカーの力を使い、海外生産部品の輸入、半製品輸入してコストの軽減。
生産管理の充実と、効率化であろう。

日本の技術者魂を世界に示す良い機会となりそうです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ここらで一服!
2020年4月22日

新型コロナで、家にこもっております。 行きつけの喫茶店も休業なので、

京都は洛中の人で保たれていた。
2016年7月23日

洛中の旦那衆に依って、寺社やまつりや学校が出来たと書いてまいり

京料理
2016年7月23日

  何故京料理がもてはやされるのか?和食の真骨

洛中に入ろうとした私・入らなかった井上さん
2016年7月23日

私は、京都の洛中に入り篭絡されたのかもしれません、洛中に住んで

「京都ぎらい」井上章一さんに物申す
2016年7月15日

こんなタイトルをつけるのは、不本意ですが、ネット検索にはこれが一番だと

PAGE TOP ↑