月に小菊

    短冊秋

    萩

あなたの為の贅沢レストラン

公開日: : 最終更新日:2014/04/27 頑固おやじのひとり言, 食べたり呑んだり

週刊誌を見ていたら巻頭のグラビアに、懐かしい柳さんが載っておられました。
20年近くの前から知っておりました。何軒か店を作り、閉店させたりされていました。

今回は究極の「おもてなしの心」でサービスされるお店を、京都神楽岡(吉田山荘近くに)に「山の手倶楽部」を始められました。

柳さんはソムリエですので、下戸の私は、たまにお店に行くようなお付き合いでしたが、友人を集めて、ワイン講義をしていただいたりしておりました。
彼のサービスは、自己主張をするタイプではなしに、一歩下がってお客様を立てながら、決して媚びず、プライドを感じさせる接客態度でした。

今回は、1日1組のオーダーメード料理です。
空間を変えず、お客様の要望に応え、イタリアン、フレンチ、和食を選べる、ワインを主役にするのでは無く、あくまで脇役として取り扱っておられる様です。
メニュー等も柳さんと相談して決められるのでしょう。 旬の素材を贅沢に料理して頂ける事でしょう!
これは、京都の御茶屋の女将に通ずるサービスと私は感じました。
御茶屋さんでは、お客様のお好みに合わせて、仕出しや出前、出張料理等もお願い出来ます。

流石柳さん、よくやっていただいたと喝采いたします。
いくらかかるかは存じませんが、一生の思い出に残るディナーになると存じます。
お昼の車でのお迎えから始まり、買い物のお手伝いもして頂けそうです。
大文字山をながめ、ゆったりとした時間を過ごせる事でしょう。
忙しい毎日を暮らしておられる方には、非日常な気分になれる筈です。
京都でのコンシェルジェ役も果たしていただけるでしょう!

先ず空いている日を聞かれて、その日を楽しみに京都に来られるのはいかがでしょうか?
行かれた方が多数ブログを書かれていますから、ごらんになって下さい。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    • 0
    • 86
    • 2021年2月3日
PAGE TOP ↑