*

取り残された?京都

公開日: : 最終更新日:2014/04/27 京都ってこんなとこ, 頑固おやじのひとり言

日本人は元々、季節の移り変わりを楽しんで来た民族ですが、最近はエアーコンディションが効く平準化された現代的な人工環境の中で生活をしている。

欧米は「夏冬はヴァケーション」で「春秋は仕事する時」と二季になっています。

京都ではまだ、正月、節分(豆まき、お化け)、ひな祭、 桜、端午の節句、葵祭、祇園祭、五山の送り火、 お盆、お月見、時代祭、火祭、紅葉、顔見世と毎月行事があり、 遊ぶ時と仕事をする時の区別はありません。


吉例顔見世興行

食べる物も、旬の物を楽しみにしています。
水も井戸水を飲んだり、山に湧き水を汲みに行ったりしている人もいます。

だいぶ日本の今の流れから取り残されていますねえ。

季節が人の感性を支配している事も多い。

しかし、最近の京都ブームを見ると、「自然への回帰」、「昔の生活スタイル」、「伝統文化を楽しもう」とされている方が多いのに驚きます。

京都の年間5,000万人の観光客と言えば、日本の40%が毎年来られているわけです。
外国人はその内5%に満たないです。

これからもっと中国や韓国など、アジアの方がいらっしゃるようになれば、と考えると、今のままの京都がどこまで残って行くのが心配です。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

来者如帰
2021年5月5日

これは、京都の柊屋の玄関にかかっている額です。我が家に帰って来たように

特報 日本に産まれて丸儲け
2021年4月15日

最近CLUBHOUSEに参加して、元気をもらっています。NET版異業種

老舗の進化
2021年4月8日

先ず第一に、老舗企業は、独特な染織技術や箔粉や醸造・発酵技術などを持ち

世界の一の老舗王国 日本
2021年3月26日

世界の老舗企業ベスト5はすべて日本企業。金剛組を筆頭に法師(旅館 石川

日本人のアイデンティティー
2021年3月17日

日本人は明治以来、西様文明を取り入れ発展してまいりました。そして、戦争

    • 0
    • 59
    • 2021年5月7日
PAGE TOP ↑