*

それでも秋がやってきます。

公開日: : 最終更新日:2014/04/27 ひとり言, わがまま言い放し

京都は、鴨川畔の木々が色づき、秋の気配が一段と濃くなってきました。
今年は季節は遅れ気味だそうですが、紅葉はきれいになりそうで、世界情勢が不安材料が一杯でも、自然は何があっても変わらず、四季の変化を楽しめます。

今年も観光客が沢山やってこられます。特に女性団体客が多く、それに付き添いの様に、男性が来られている様です。
週末から月曜日に掛けて、イノダコーヒーは列が出来ていますが、女性客が8割を占めています。

天台宗の大阿闍梨 の酒井老師の本を頂きました。
「今できることをやればいい」です。
千日回峯行(かいほうぎょう)を二度された老師です。

行の途中に「しんどいな・・・」と思ったら、もう動けなくなる、そんなときはくたびれた自分を乗り越えようとせずに、「今、ぼくは、一生懸命行をやっているんだから、悪いけどちょっと向こうで休んでいて」と言って、もう一人の自分を作り、やらなければならないことをする。
そう対話すれば、つらいときも、不安な時も、自分をコントロールする事が出来る。
もう一人の自分の事を受けとめ、今やりたいことを、自分自身に言い聞かせればいい、そうすれば、自分に芯が出来て、相手に振り回される事もない、相手がどう思おうと、それは相手の勝手だから。

相手が不機嫌になれば、時間を置くために、離れればいい。
相手を自分の世界に取り込もうと思うことから、ストレスが生じる。
自分が相手にして上げたと思っていても、見返りは帰る時もあれば、帰らないときも多いのだから。
「こういうことをしたら、相手にいいだろうな」と思うことをして上げて、嫌がっているのなら、押しつけることはありません。
相手や状況にこだわらず、自分で幸せの方に歩いていく考えを常に持つて行けば、道が開けて、幸せに近づくと言っておられます。

世の中が不安と嘆くより、今できる自分の幸せの道を歩くことですね。
紅葉を眺め、気のあった友人と連れだって、気の向くままに歩き、美味しいものをいただき、幸せな時間を過ごした方がいいのでしょう。
女性の方が、それが得意なのかもしれません。

今年の秋のJR東海の「そうだ京都行こう」のコピーは
「紅葉は、旅の入り口にすぎませんでした」。いいですね!
http://souda-kyoto.jp/campaign/ 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ここらで一服!
2020年4月22日

新型コロナで、家にこもっております。 行きつけの喫茶店も休業なので、

京都は洛中の人で保たれていた。
2016年7月23日

洛中の旦那衆に依って、寺社やまつりや学校が出来たと書いてまいり

京料理
2016年7月23日

  何故京料理がもてはやされるのか?和食の真骨

洛中に入ろうとした私・入らなかった井上さん
2016年7月23日

私は、京都の洛中に入り篭絡されたのかもしれません、洛中に住んで

「京都ぎらい」井上章一さんに物申す
2016年7月15日

こんなタイトルをつけるのは、不本意ですが、ネット検索にはこれが一番だと

PAGE TOP ↑