*

笑う象

公開日: : 最終更新日:2014/04/27 わがまま言い放し, ひとり言

京都の目抜き通りの四条通にある藤井大丸百貨店の正面に、でっかい「笑う象」八匹の垂れ幕が下がっています。


藤井大丸前

今の京都は御所に迎賓館ができ、「サミットを京都に」がスローガンだそうです。

私の先輩であり、京の頑固こと私よりももっと頑固者の木村英輝さん。画伯と呼ぶと「違うぞ。」といわれます。
40年前に大阪万博でロックフェスティバルをプロデュースされました。 また、ビートルズを紹介した本を出されたり、京大の西部講堂でロックコンサートを常時開催され、その時代のカリスマプロデューサでした。
このムーブメントは音楽だけに留まらず、建築家や、空間プロデューサー、商業デザイナー、イベントプロデューサー等に新しい風として影響を与え、 その道では知らぬ人がいないが表には出ない存在となられました。また、京都の大きいイベント、伝統博などの中心人物でありました。

私はこの先輩にいろいろと教わり、京都で何度か自分がやりたいイベントをさせて頂きました。
最近は、青蓮院に襖絵を数十枚寄付されたり、レストランやウエディング式場の壁画を描いたりされています。
韓国済州島のリゾートの室内壁画も描かれていますが、気が向かないとお断りになる「頑固者」です。

アクリル絵の具で描かれるモチーフは蓮、蛙、象、豹、鶴、トンボなどキャンバスからはみ出る勢いの現在の鳥獣戯画なのかもしれません。

私は先輩の絵を見ると、「どうだ!!」と語りかけてこられるようで、元気がもらえます。

伝統のある町には必ず型破りの方がいられます。京都は人間も面白い町です。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

京都は洛中の人で保たれていた。
2016年7月23日

洛中の旦那衆に依って、寺社やまつりや学校が出来たと書いてまいり

京料理
2016年7月23日

  何故京料理がもてはやされるのか?和食の真骨

洛中に入ろうとした私・入らなかった井上さん
2016年7月23日

私は、京都の洛中に入り篭絡されたのかもしれません、洛中に住んで

「京都ぎらい」井上章一さんに物申す
2016年7月15日

こんなタイトルをつけるのは、不本意ですが、ネット検索にはこれが一番だと

no image
日本人の使命
2014年2月23日

日本人の勤勉さの原点は、自然を相手にただ懸命に生きるだけではなく、日本

    • 7今日の訪問者数:
    • 73昨日の訪問者数:
    • 708先週の訪問者数:
    • 147月別訪問者数:
    • 0現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日2014/4/29:
PAGE TOP ↑