*

お寺の掲載許可

公開日: : 最終更新日:2021/04/22 井上章一さんに物申す, 未分類, 頑固おやじのひとり言

お寺の掲載許可を取るのに、高い費用を取り、志納金、お布施の扱いで宗教的な寄付行為にするのが気に入らないとの仰せですが、撮影する人はそれによって商行為をなさる方達ではないでしょうか?
素人が映すのに、許可も取りませんし、お金ももちろん払いません。ところで、お寺側としたら、別に撮ってもらわなくてもいいのです。
年に数十回別々に来られ、いちいち上司にお伺いを立てて許可を取る事も面倒でしょう、そしてそれがどんな風に使われるのかもわかりませんし、確認作業も大変なのです。有名寺院なら、昔からお付き合いされているカメラマンがおられ、そこには一杯画像があります。そこで買っていただいたらいいのです。一枚一万円ぐらいとお聞きします。
Getty Images社‬は、画像の販売をされています。新聞社等はよく利用されているのではないでしょうか。
出版社は自分の思う通りにとりたいなら、お金を払われるのは当然かと思います。
又、特別公開やお庭等は、志納金では撮影させていただけません。コンサートホール等は論外で、後で問題が起こらない様に、出版社が許可を求めにいくという、無知な行為ではありませんか、金を受け取る人は、手間が増えるだけで、給料はあがりませんよ。
夜間拝観は別料金を取るのはけしからんというのは、お寺が主催者ではありません。業者がさせてほしい、盛装作業や管理、切符売りから警備・近隣対策等でお寺にご迷惑をおかけしませんからという、お約束で価格を決定して殆どされています。ですから寺の一般参観の後で、寺側のビジネスではありません。
kanban

何故ものづくり技術が日本が優れているのか?
2021年5月23日

日本には、縄文時代から、海外のからの思考や、技術を日本に取り入れ、残す

日本経済の立て直しにはものつくり精神で
2021年5月10日

グローバルが叫ばれると、それをする事によって、画一的な社会になりそうで

週休三日制の愚
2021年5月9日

加藤官房長官は四月五日の記者会見で、希望する正社員が週休3日で働ける制

来者如帰
2021年5月5日

これは、京都の柊屋の玄関にかかっている額です。我が家に帰って来たように

特報 日本に産まれて丸儲け
2021年4月15日

最近CLUBHOUSEに参加して、元気をもらっています。NET版異業種

    • 0
    • 5
    • 2021年6月21日
PAGE TOP ↑