*

京都は自然を食べている

公開日: : 最終更新日:2014/04/27 わがまま言い放し, 京都ってこんなとこ

京都は自然との共生を何時も考えています。つまり自然の流れに従おうという事です。水のいい場所を探しお茶の水を汲んだり、料理用にしたり、漬物や酢、酒つくり、豆腐屋さん、麩屋さん、染物屋さん等が商売を始めて来た。 又、木の特性を活かし、建物の柱やかもい、家具、飾り物、ものづくりの道具として、樽、桶等に利用してきた。土は改良して、京野菜を育てたりしています。

特に野菜は神への供え物という宗教的な意味があったり、貴族への貢物でありますから、質へのこだわりが並大抵ではありません、一月には「若菜迎え」 四月の竹の子堀り、七月「南瓜供養」 十月のマツタケ狩り、十二月「大根炊き」 行事と食文化がシンクロしています。自然の恵みに対する感謝ですね。水や土に含まれるミネラルも必要ですね!

とは言え、冷凍や栽培技術の高度化で、年中食べられる様になり、旬の概念が私も無くなりつつあります。旬の時期を調べました。   いいHPがありました。

最も美味しい時に頂き、季節を強調する盛り付け、食器をお使いになる事により、季節を一層楽しむ事が出来ますね!そして栄養価も高く、健康にも良いと存じます。

最近、野菜を近所に売られに来られる若者がいます。私も買出しに付き添いますが、日曜日の午前中だけなので、遅いと直ぐ売りきれてしまっています、早起きしなくっちゃ。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本列島の歴史は?
2020年3月30日

私達の学んだ人類の歴史は間違っていました。最近はDNA鑑定や、物品の歴

日本人はどこから来たの
2020年3月30日

「日本人の両親のもとに生まれた、あるいは日本で生まれ育った人は、ごく自

施設の掲載料雑誌掲載料
2016年8月29日

「雑誌に掲載する写真等の料金はいらないのでは」という事ですが、それ

京都は洛中の人で保たれていた。
2016年7月23日

洛中の旦那衆に依って、寺社やまつりや学校が出来たと書いてまいり

お・も・て・な・し
2014年5月13日

昔、飲食業をしようと思って友達に話したら「茶道」を勉強したらと進言され

PAGE TOP ↑