*

八雲

公開日: : 最終更新日:2014/04/27 わがまま言い放し, 食べたり呑んだり

いつも堅いお話になりますので、今日は私の大すきな女将さんのお店の献立を乗せます。

京都の老舗の女将が料亭を引退され、自分の仲の良いお贔屓さんの為に作られた割烹です。ビルの5階ですが祇園の真ん中にあります。 お誘いを受け友人と行ってまいりました。
ちょっと異臭がしたり、安すぎたり、簡単な儲け話であったり、あまりにも平和ボケし、加害者は悪く被害者は可愛そうでかたづけられてしまっていませんか?

8千円、1万円、1万5千円のコースのみです。四月のオープンで、開店のお花がまだ沢山出ていました。(歌舞伎役者や、キタノタケシ等) 10名程のカウンターと8名ぐらいの個室だけで、こじんまりしていました。
今日は、五月の1万円のコースを頂きました。


先付け、珍しいほおずきトマト。ちまき寿司、兜の器の中には、うにと長いもです。


お椀は、ホタテのしんじょです。おいしいお出汁でした。


お造りは鯛とイカとカツオのずけに胡麻がつけてありました。


寳樂焼でかしわとしいたけと卵です、


筍と鯛の炊き合わせです。


カマスの揚物


筍ご飯と 菜種、ごぼう、志ば漬、赤だし


キューイと黒蜜ゼリーの水物

季節の商材と、器を目で楽しみ、味も楽しみました。お酒もすすんでしまいました。

京都市東山区花見小路新橋下ル東側 神聖ビル5階
八雲  075-541-3891

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

京料理
2016年7月23日

  何故京料理がもてはやされるのか?和食の真骨

no image
食文化
2013年4月16日

私の母は、人工甘味料が入ったものを、食べないでと良く注意しておりました

no image
あなたの為の贅沢レストラン
2012年7月5日

週刊誌を見ていたら巻頭のグラビアに、懐かしい柳さんが載っておられました

no image
職人魂 (こだわり)
2012年2月17日

京都倶楽部の会員様で、カナダ・トロントで懐石料理「橋本」を経営されてお

no image
お茶屋のバー
2011年6月1日

「お茶屋のお座敷は一見客お断りだとして、ホームバーに立ち寄るだけでも、

PAGE TOP ↑