*

三味線

公開日: : 最終更新日:2014/04/27 わがまま言い放し, 京都ってこんなとこ

昨夜はエッセイストの友人から招かれ、彼の居宅である下鴨の春庭居に始めて訪問させていただいた。

昭和の始め頃の建物であろうか、町屋建築であり、ゆかたで来てよと言われました。
扇風機で涼を取るのだが、京都の町屋は夏向きに造られていると言われた様に、20名が集まっても、何とか我慢出来る暑さでありました。

懐かしい方にも会え、話しが弾みました。昔の家の集まりですから、30年前にフィードバックした体験している実感が湧いてまいりました。

今夜の趣向は、上原潤之助さんの、三味線を聞く会であります。
http://www.jssounds.com/home.html 

演奏の前に上原さんの三味線にまつわるお話があり、棹の種類や、それに依る音色の違いも知らず、大変勉強になりました。
三味線の棹や、ばち、皮まで、外国の材料で出来ていることも、変遷を感じました。
皮も犬、ネコ、蛇皮、バチは象牙ですから、さもありなんですね!

最近では東日本の被災地の小学校に呼ばれ、演奏されたりされております。
伝統的な演奏だけではなく、ニューミュージックの演奏もあり、親しみやすかったです。
若い子達が喜んでくれるといいですね。

後は、陶芸の歴史、町家建築の話し等話しはつきませんでした。
座敷で、あぐらをかいて、お酒を飲みながら話す、昔の集まりもまたいいもんだなあという感想でした。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本列島の歴史は?
2020年3月30日

私達の学んだ人類の歴史は間違っていました。最近はDNA鑑定や、物品の歴

日本人はどこから来たの
2020年3月30日

「日本人の両親のもとに生まれた、あるいは日本で生まれ育った人は、ごく自

施設の掲載料雑誌掲載料
2016年8月29日

「雑誌に掲載する写真等の料金はいらないのでは」という事ですが、それ

京都は洛中の人で保たれていた。
2016年7月23日

洛中の旦那衆に依って、寺社やまつりや学校が出来たと書いてまいり

お・も・て・な・し
2014年5月13日

昔、飲食業をしようと思って友達に話したら「茶道」を勉強したらと進言され

PAGE TOP ↑