*

高級出前仕出し料理

公開日: : 最終更新日:2014/04/27 わがまま言い放し, 食べたり呑んだり

京都人はお客様を家で接待する時、家庭料理は出しません。
仕出し屋さんにたのみます。
メニューも値段と注文に応じて作ってくれます。カニとマツタケ、鱧とマツタケの鍋とか、いろいろ御願いできます。また、器も季節に合わせて持って来ていただけます。

京都人は普段質素倹約をするが、お客様をもてなす時には、ここぞと贅沢な料理を振舞います。 最初に書きましたが、京都では人をもてなすときに家庭料理は出しません。
奥様が大変でゆっくりとお客様とのお話が出来ないのも一つの理由でしょう。

現代の感覚から言えば、心を込めた手料理は最高のもてなしと考えると違和感があります。
高級な料理はいくらでもあります。
お茶屋では料理人がいなくても、お食事が出せます。

昔からアウトソーシングをしてきたんですね。

1つ前
川床
1つ後
食品偽装

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

京料理
2016年7月23日

  何故京料理がもてはやされるのか?和食の真骨

no image
食文化
2013年4月16日

私の母は、人工甘味料が入ったものを、食べないでと良く注意しておりました

no image
あなたの為の贅沢レストラン
2012年7月5日

週刊誌を見ていたら巻頭のグラビアに、懐かしい柳さんが載っておられました

no image
職人魂 (こだわり)
2012年2月17日

京都倶楽部の会員様で、カナダ・トロントで懐石料理「橋本」を経営されてお

no image
お茶屋のバー
2011年6月1日

「お茶屋のお座敷は一見客お断りだとして、ホームバーに立ち寄るだけでも、

PAGE TOP ↑