*

技能五輪国際大会

公開日: : 最終更新日:2014/04/27 わがまま言い放し, ひとり言

何気なくテレビを見ていたら「スーパー職人大集合、技術五輪に挑んだ若者達」を放映していました。

引き込まれる様に見てしまいました。
正式には、国際技能競技大会(World Skills Competition)となづけられ、 この大会は1950年にスペインの職業青年団が提唱して隣国ポルトガルとの間で各12人の選手が技能を競ったことにその源を発し、 逐年参加国および出場選手の増加をみて若い技能労働者の祭典と呼ばれるにふさわしい行事に発展してきました。

日本からは中央職業能力開発協会が同機構のメンバーとなっており、国際大会に日本選手団を派遣しています。
大会の参加資格は、大会開催年に22歳以下であることとなっています。
わが国は1962年の第11回大会から参加しています。

今回は39回目で、日本で開かれ47種目で金メダル16個という内容でした。
続いて韓国の11個、スイス4個ですから圧倒的に日韓の牙城ともいえます。

日本の若者はどうなのかを心配していたのですが、心強い気持ちがいたしました。 決して優等生には見えなく、又、大学には行かなかった青年ばかりで、好きな事だけに真剣に時間を使っているのだから、一種の「おたく」なんでしょう。
「おたく」を言い換えれば職人とも言えるのではないでしょうか。
IT世界の技術者は「おたく」を売り物にしているようなところもあります。 文化や文明を支える事は出来ないかもしれませんが、世界に通用するんでしょう。

東洋が西洋をバックアップしているのかも。 新しい事を考えるのは西洋で、熟成させ完成させるのは東洋かも。

NASAの宇宙技術の担い手もアジア人ではないのでしょうか?

1つ前
源氏物語
1つ後
次に進む道

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

京都は洛中の人で保たれていた。
2016年7月23日

洛中の旦那衆に依って、寺社やまつりや学校が出来たと書いてまいり

京料理
2016年7月23日

  何故京料理がもてはやされるのか?和食の真骨

洛中に入ろうとした私・入らなかった井上さん
2016年7月23日

私は、京都の洛中に入り篭絡されたのかもしれません、洛中に住んで

「京都ぎらい」井上章一さんに物申す
2016年7月15日

こんなタイトルをつけるのは、不本意ですが、ネット検索にはこれが一番だと

no image
日本人の使命
2014年2月23日

日本人の勤勉さの原点は、自然を相手にただ懸命に生きるだけではなく、日本

    • 7今日の訪問者数:
    • 73昨日の訪問者数:
    • 708先週の訪問者数:
    • 147月別訪問者数:
    • 0現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日2014/4/29:
PAGE TOP ↑